今すぐチャットを開始

Limelightの担当者とチャット

エッジサービス

エッジクラウド

エッジコンピューティング

ライムライトのエッジコンピューティングサービスは、グローバルに分散したPoPに統合されており、柔軟なコンピューティングとネットワーク接続のオプションを提供します。このサービスはライムライトのプライベートネットワークに直接接続されており、900以上のISPとコンテンツ配信ネットワーク(CDN)サーバーとのピアリング接続されています。このため、データソースに近い場所で容易に情報を処理、
分析、集約することができ、IoTデータの処理と分析のためのコストと複雑さを軽減します。

分散オブジェクトストレージ

集中化されたクラウドストレージシステムでは、コンテンツを1か所に集約して保存する必要があります。しかし、データソースと中央のデータ集約拠点が物理的に離れている場合、データは長距離を移動しなければならず、転送の際に遅延が発生します。ライムライトの分散オブジェクトストレージは、IoTデータの取り込みと処理に使用されるPoPと同じ場所に配備されています。データは公共のインターネットを使わず、ライムライトの高速なプライベートネットワークを経由して、データソースの近くのPoPに迅速かつ容易に保存されます。ライムライトは、分散ストレージワークフローを柔軟にサポートすることで、最速のストレージパフォーマンスを実現します。

エッジでの分析

Limelight Edge Analyticsは、生データからすぐに役立つ有用な知見を導出し、ビジネス上の目標を達成するためのツール群を提供します。ライムライトの革新的なEdgeQueryソフトウェアは、リアルタイムの計算、処理、および集計のためにデータを収集し、集約し、保存します。Limelight Control Portalには、利用中のパフォーマンスを可視化し監視できるダッシュボードとレポートが用意されており、一連のREST APIを使えば、プログラムからEdgeQueryのデータ、集約および処理機能にアクセスすることができます。