今すぐチャットを開始

Limelightの担当者とチャット

配信パフォーマンス

コンテンツ配信

効率的なアーキテクチャ

ライムライトのネットワークインフラストラクチャは、全世界40箇所以上の都市エリアに配備された80箇所以上のPoP(Point-of-Presence:大規模配信拠点)により構成されており、QoS(Quality of Service)に対応したネットワークで世界中をカバーしています。各PoPにはSSD(Solid State Disks)を搭載した高速サーバーが配備されており、業界最高レベルのキャッシュ効率を実現しています。この分散型のアーキテクチャにより、オリジンサーバーへの負荷をCDNにオフロードし、パフォーマンスの向上と帯域コストの削減を可能にします。

グローバルプライベートネットワーク

ライムライトのプライベートファイバーバックボーンは、混雑した公開のインターネットを回避して使ってコンテンツを配信することで、高速で信頼性が高く、安全なコンテンツ配信を可能にします。ライムライトは世界最大のプライベートネットワークのひとつを自社で構築し、運用しており、安全なインフラストラクチャ上で優れたユーザーエクスペリエンスが得られ、最も困難なデジタルトラフィックへの要求にも応えることができます。

エンドツーエンドのパフォーマンス向上のために最適化されたソフトウェアスタック

一般的なCDNは、コンテンツ配信インフラストラクチャの主要なコンポーネントとしてサードパーティのテクノロジを使用しています。しかしライムライトは、包括的な機能を持つEdgePrismソフトウェアスタックを自社開発することで、コンテンツ配信プロセス全体をコントロールして画期的な配信パフォーマンスを実現しました。EdgePrismソフトウェアスタックは、クライアント側に特別なプログラムを必要とせずに、あらゆるネットワーク接続タイプまたは速度において最適なパフォーマンスを実現します。ライムライトは、ユーザーの接続状態を継続的に監視し、リアルタイムな分析に基づいてコンテンツを配信する方法を最適化することで、モバイルネットワークやその他のネットワーク環境の変化に対しても優れた品質を提供します。

高いキャッシュ効率

ライムライトのOrigin Shieldは、業界で最も高いレベルのキャッシュ効率を実現し、オリジンサーバーへのリクエストを削減します。ライムライトの各PoPがローカルにキャッシュされていないコンテンツへのリクエストを受け取ると、近くのPoP(ひとつまたは複数のPoPをあらかじめ指定)にコンテンツがキャッシュされていないかどうかを確認します。それでもコンテンツがPoPのキャッシュに存在しない場合にのみ、リクエストがオリジンサーバーに転送されます。これにより、オリジンサーバーへのリクエストが大幅に削減され、転送コストを最小限に抑えると共に、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。