今すぐチャットを開始

Limelightの担当者とチャット

DDoS攻撃の影響緩和

クラウドセキュリティ

リアルタイムに攻撃を検知

Limelight DDoS Attack Interceptorは、常に複数のCDNエッジを監視しており、攻撃を即座に検知します。このプロアクティブな検知により、攻撃への対応時間が短縮され、配信パフォーマンスに影響を与えません。ライムライトの検知から緩和までの対応時間は、業界で最も短いレベルに達しています。

ネットワーク上での高速スクラビング(洗浄)

これまでのクラウドベースのDDoS対抗ソリューションとは異なり、ライムライトのDDoS緩和機能は、トラフィックを配信するために使用されているPoP(Point of Presence:大規模配信拠点)に直接統合されています。トラフィックを一度外部のスクラビング(洗浄用)ネットワークに転送して、その後クリーンなトラフィックをCDNに戻す必要がなく、最大規模のDDoS攻撃を受けた場合でも、優れた配信パフォーマンスを維持できます。

大容量のスクラビング

ライムライトは、グローバルに配備されたPoPの多くで高速のDDoS緩和機能を提供しているため、複数の地域に跨がって大規模にトラフィックを洗浄することができます。ライムライトの10Tbpsにおよぶ緩和対応キャパシティにより地域内の大規模な攻撃を吸収するため、スクラビング中に正規のトラフィックを別のロケーションに転送する必要がありません。

24時間365日稼働のSOC

ライムライトのSecurity Operations Center(SOC)は24時間365日稼働しており、
ウェブトラフィックを常に監視し、DDoS攻撃を迅速に検出します。攻撃が発生すると、リクエストは即座にスクラビングのためのインフラストラクチャに転送され、正当なトラフィックのみがウェブインフラストラクチャに戻されます。