今すぐチャットを開始

Limelightの担当者とチャット

IoT and Edge Cloud

ミリセカンドを争う

増え続けるIoTデータを管理

Limelight Edge Cloudは、IoTデバイスから送り込まれる大量のデータを、CDNネットワークのエッジで受信・処理することでIoT処理のレイテンシを劇的に引き下げることができる、エッジコンピューティングサービスです。

膨大な量のIoTデータを効率的に管理および分析するために、企業は新しいデジタルソリューションの導入を進めています。これにより、在庫やエネルギー管理、予防保守、センサーヘルスモニタリングなどの日常業務を迅速に変革することが可能になりますが、一方で新たな問題が生じます。集中化されたコンピューティングリソースをベースとした従来型のクラウドアーキテクチャでは、IoTデータを収集と分析の対象となるIoTデバイスから遠く離れた場所に転送して処理する必要があり、これにより発生するレイテンシ(遅延)が高速なレスポンスを要求するアプリケーションに悪影響を与えるのです。

IoTのビジネスオーナーは、効率の向上、予期しないダウンタイムの削減、カスタマーエクスペリエンスの改善、継続的な改革のために、膨大なデバイスから収集されるデータやオブジェクトを低いレイテンシで処理しなければなりません。そのため、データの発生源から近い場所にアクセス拠点を持つ必要がありますが、ゲートウェイデバイスを大量に配備するのは膨大なコストがかかります。

Limelight Edge Cloud

ライムライトネットワークスのLimelight Edge Cloudサービスは、コストパフォーマンスの良い集中型クラウドアーキテクチャの経済的メリットを維持しつつ、従来型のサービスに見られるようなレイテンシの問題を回避します。重要なデータを転送するために混雑した公開のインターネットを使っている従来型のクラウドサービスプロバイダーとは異なり、ライムライトは最大規模のIoTプロジェクトでもサポートできるよう、ローカルに配備したPoP(Point of Presence: 配信拠点)、世界規模の高いキャパシティ、CDNエッジでの豊富なサービスを提供することができる世界最大のプライベートネットワークを保持しています。ライムライトの高速プライベートファイバーバックボーンは公開インターネットから隔離されており、安全性と比類のないパフォーマンスを提供すると共に、グローバルにデータ取り込みと分析を統合し、タイムリーかつ俊敏なアクションを可能にします。

Limelight Edge Cloudには以下の機能があります。

世界規模のスケーラビリティとパフォーマンス

遠く離れたデータセンターへのデータ転送に伴うレイテンシは、分析や意思決定のためにリアルタイムにデータを活用するアプリケーションに大きな影響を与えます。ライムライトのグローバルなプライベートネットワークは、高いスケーラビリティと広いカバー範囲を持ち、データの発生源とネットワークエッジの間の距離を短縮することで、従来型のクラウドインフラストラクチャで問題となるレイテンシを最小限に抑えることができます。ライムライトのグローバルなプライベートネットワークは、世界中の40以上の都市エリアに80以上のPoPを配備しています。これらのPoPを戦略的に配置した上で、ラストマイル接続のために900を超えるISPや主要なパブリッククラウドプロバイダーとピアリング接続しているため、エッジでの処理を効果的に行う事ができ、遠隔地のデータセンターにデータを送信することで起こるレイテンシを排除し、リアルタイムなデータ処理と分析を可能にします。

ローカル接続と高いキャパシティ

IoTデバイスからのデータは膨大かつ増加し続ける一方なため、データがどこで生成され利用されるかに関係なく、すべてのデータを安全かつ確実に取り込むためには、ローカルの接続拠点に十分なキャパシティが必要です。ライムライトのネットワークは、グローバルで29 Tbps以上の入出力キャパシティを有しているため、デバイスの設置場所やデータの生成量に関係なく、トラフィックのスパイクをシームレスに吸収し、最も困難な状況下での要求にも応えることが可能です。

セキュアなプライベートネットワーク

クリティカルなIoTワークフローをサポートするために公開のインターネットに依存することは、大きな問題を引き起こす可能性があります。アプリケーションが複数の物理的な場所に関連づけられている場合や、エッジからのデータを集中型のクラウドコンピューティングリソースに集約する必要がある場合、インターネットの輻輳や速度低下が深刻な影響を与える恐れがあります。さらに、広く公開されているインターネットを使用することは、重要なデータが潜在的にセキュリティ問題にさらされることを意味し、ビジネスリスクが増大します。ライムライトは公開のインターネットと隔離された世界最大規模のプライベートネットワークを所有し運用しているため、より安全に、優れたパフォーマンスを提供することが可能です。ライムライトのプライベートネットワークはQoSとTLS / SSLに対応しており、100ギガのファイバーバックボーンリンクを使用してグローバルに各地のPoPを接続することで、インターネットの混雑を回避し、高度なセキュリティを実現します。

エッジでのサービスと解析

すべてのIoTデータを単一の集中化されたコンピューティングリソースに集約して処理することは非効率的であり、不要なレイテンシによってユーザーエクスペリエンスを損なうことにつながります。ライムライトの分散型サービスとEdge Analyticsを使用することで、データの発生源に近いエッジで、情報を簡単に集約して処理・分析することが可能です。ライムライトは、IoTデータの処理と分析のコストと複雑さを軽減します。

分散オブジェクトストレージ

集中化されたクラウドストレージシステムでは、すべてのコンテンツを一ヶ所に転送して保存します。しかし、データソースが物理的にストレージの近くにない場合には、データが長距離を移動することになり、転送時のレイテンシが問題になります。ライムライトの分散オブジェクトストレージは、IoTデータの取り込みと処理に使用されるPoPと同じ場所に配備されています。保存データはライムライトの高速プライベートファイバーバックボーンを使用して公開のインターネットをバイパスし、データ発生源の近くのPoPに迅速かつ容易に保存できます。ライムライトは、分散ストレージワークフローを柔軟にサポートすることで、最速のストレージパフォーマンスを実現します。

サービス&サポート

IoTインフラストラクチャはビジネスの成功のために重要な役割を担っており、成功のためには豊富な知識と経験を持ち結果にコミットできるパートナーが必要です。ライムライトはリアルタイムアプリケーション、コンピューティング、ストレージに関する専門知識を持ち、業界をリードする無制限の24時間365日のカスタマーサポートと主要言語によるローカルサポートを提供しています。私たちのネットワークオペレーションセンターは24時間365日稼働しており、世界最大規模のグローバルネットワークを管理し運用する豊富な経験を持ち、常に効率的な運用を保証します。ライムライトでは、すべてのチームメンバーがより良いエクスペリエンスを提供することに重点を置いているため、自信を持って新たな課題に取り組むことができます。

従来型のクラウドコンピューティング環境を低レイテンシのデータ処理に使用しようとする場合、コストと複雑さが問題になります。ライムライトはこれを排除し、迅速で安全なインフラストラクチャを提供します。ネットワークエッジでデータを収集することにより、データを遠隔地に転送するためにかかる時間を排除します。ライムライトのセキュアなグローバルプライベートネットワークと統合された分散型エッジコンピューティングリソースは、データを発生源に近いところで処理できるため、レイテンシを排除し、リアルタイムかつ高度にインタラクティブなアプリケーションを構築できます。ライムライトは、IoTのあらゆる課題を解決するのに役立つ、スケーラブルで費用効果の高い分散エッジサービスを完全に統合しています。

ライムライトのセキュアなグローバルプライベートネットワーク、エッジコンピューティングリソースおよび分散オブジェクトストレージが最もクリティカルなIoTの課題を解決する方法について、詳しくは、お問い合わせください。