今すぐチャットを開始

Limelightの担当者とチャット

IoTおよびエッジコンピューティング

ミリ秒の遅延が課題となるアプリケーションのための
高速・高信頼性・安全なエッジクラウドサービス

ライムライトエッジクラウドでレイテンシを削減

現代のように高度に接続された世界では、スピードが重要です。これは、人と人との間のリアルタイムコミュニケーションであろうと、重要なIoTデータの処理であろうと変わりません。応答性の高い、レスポンシブなコネクティビティが鍵なのです。しかしこれまでのクラウドアーキテクチャでは、クラウド上の一箇所に集約した巨大なデータセンターでアプリケーションを集中処理しているため、ユーザーまたはデータソースとデータセンターの間の距離が離れてしまい、レスポンスに大きな遅延(レイテンシ)が発生する可能性があります。クラウドアーキテクチャは、複雑な計算を行う上では優れていますが、IoTデバイスを使ったリアルタイム処理のような用途には向いていないのです。

ライムライトエッジクラウドを使ってレイテンシを削減

ライムライトのエッジクラウドは、従来型のクラウドコンピューティング環境における高速なレスポンスが要求されるIoTやリアルタイムアプリケーションに使用する際のレイテンシを削減します。ライムライトのQoS対応のグローバルプライベートネットワークは、データソースとネットワークエッジの距離を短縮するために必要な拡張性とカバレッジを提供します。パブリックインターネットから隔離されたライムライトのプライベートファイバーバックボーンは、世界中のあらゆる地域をカバーする80以上のPoP(Points of Presence)を構築しており、900を超えるISPおよび主要なパブリッククラウドプロバイダとの高速な接続を実現します。

エッジコンピューティングの基本は分散処理であり、エッジにはストレージおよび解析機能も備えています。データをソース(発生源)の近くで処理できるため、レイテンシが削減され、リアルタイムかつ高度にインタラクティブなアプリケーションの構築が可能になります。集中型のデータセンターからネットワークエッジに処理能力を移動することで、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。集中型のデータセンターはほとんどの場合データソースやユーザーから離れた場所にあり、データは混雑したパブリックインターネットを経由してデータセンターまで送られるため、レイテンシが発生していました。すべてがライムライトのグローバルネットワークオペレーションセンターで監視され、継続的に高いパフォーマンスを維持できるよう、24時間365日のカスタマーサポートを配置しています。

エッジクラウドのユースケース

IoT 産業検査およびモニタリング

パイプラインや電力線などの重要なインフラを検査して監視するためには、センサーやドローンからの大量のデータをリアルタイムに取り込み、それを処理して異常を特定し、さらなる調査に結びつけなければなりません。ライムライトは、IoTセンサーからのデータをリアルタイムに処理して解析するために、80以上のPoP(Points of Presence)を世界中に戦略的に配置しています。ライムライトは、検査の対象となるインフラと、データが処理され解析される場所との距離を短くすることで、リアルタイムの産業検査および監視を可能にし、コストを削減し、ダウンタイムを最小限に抑えます。

セキュリティと公的安全

人命が危険にさらされているときには、セキュリティと公的安全ソリューションは、第一対応者にできる限り正確な情報を伝えるため、情報を即座に解析して処理する必要があります。銃撃検知システム、警報器、監視カメラからのリアルタイムデータは、潜在的なセキュリティイベントを迅速に検出し、状況を解析し、適切な警告を発するために、即座に集約され処理されなければなりません。ライムライトのエッジクラウドは、事件が起こった場所の近くにあるエッジコンピューティング用のリソースを使用して状況に関するデータをリアルタイムに解析して即座の対応を可能にし、大規模な設備投資なしに複数のISPへのラストマイル接続を提供します。

オンラインゲーム

オンラインゲーム企業では、インタラクティブなゲームユーザーのためにできるだけ速い応答時間を実現して、ユーザーエクスペリエンスを最大化する必要があります。ライムライトのエッジクラウドは、ゲーム企業にすべての主要ISPおよびエンドユーザーネットワークに接続されたグローバルなプライベートネットワークを提供し、ゲーマーの近くに分散型のアプリケーションを配置するためのエッジコンピューティングリソースを提供します。ライムライトは、ゲーマーを惹きつけ、何度も訪問してもらえるような最速のリアルタイムかつインタラクティブなオンライン体験を可能にします。

統合コミュニケーション

オンライン会議のユーザーは、どこにいても常に優れた品質とパフォーマンスを期待しています。しかし、レイテンシによりロード時間が長くなったり、リバッファリングが起きたり、音声が遅延すると、ユーザーエクスペリエンスが損なわれ、サポートチケットの発行につながり、顧客の解約率が高くなる可能性があります。ライムライトのエッジクラウドは、グローバルな接続性とプライベートネットワークバックボーンを使用してネットワークレイテンシを大幅に削減します。これにより、全世界で高品質なエンドユーザーエクスペリエンスを提供できる、一貫した高速パフォーマンスを実現できます。

エッジクラウドvsパブリッククラウド

What is Edge Compute?

Leveraging the Power of Edge Computing

White Paper: ミリ秒が意味を持つとき:

ビジネスを進化させるエッジコンピューティングのパワー

Article: Where IoT Meets The Industrial Complex: IIoT